「烏帽子山と船越し

 赤雁と種、釜口の境のところに、高い山があって、それが烏帽子山ちゅうんじゃ。
 その昔、いか〜い津波がきたんじゃそうな。その津波にのまれんかったのは、烏帽子山の頂上だけで、みんな水につかったそうな。
そこがちょうど公家や武士が被っていたあの烏帽子の冠みたいに見えたんで、鳥帽子山といわれるようになったと言うことじゃ。
 その烏帽子山と向側の平家山の間に凹んでいるところがあるんじゃ。そこんとこを津波がおし寄せた時に、船が越したんじゃそうな。
 それでそこを船越しちゅうて呼ぶようになったんと。

語り手 田原弥三郎(木部)/斎藤隆資(赤雁)

目次