花咲じじい

 むかし、むかし、おじいさんとおばあさんがおりました。
 子どもがおらんので、いっぴきの白い犬をたいへんかわいがっておりました。
 ある日のこと、うらの山の畑で、その白い犬が吠えていた。
 「わんわん、わんわん」
 「なにか、けものでも追い出したんか。」
 おじいさんはそう思うて行ってみると、犬が畑のひらのところを足で掘っとったんじゃ。
 あんまり犬がおおさわぎするんで、「ああ、こりゃあ、なにかあるかもしれん。」と思うたおじいさんは、家からくわを持ってきてほってみんさった。
 そしたら、たいへんな大判や小判や宝物が出てきたんじゃと。
 たいへんよろこんだおじいさんは、家にもってかえっておばあさんに話した。

 それをとなりのおじいさんが聞きよった。
 「あそこの犬があんなものを掘るようなら、わしもあの白い犬を借ってきて宝物をあててやろう。」
 となりのおじいさんは、その白い犬を借りて、むりやり山の畑につれて行って掘らした。ところが、そこからは、かわらや焼き物のめげものばっかりが出てきた。
 そいで、そのおじいさんは腹を立てて、その犬を殺してしもうた。
 おじいさんはかわいそうなことをしたと、死んだ犬をもろうてかえると家の近くにうめてやり、その印に松の木を植えんさった。

 松の木はぐんぐん大きゅうなっていったんじゃ。
 おじいさんはその木を切っていかいうすをこしらえると、そのうすでおばあさんと餅をついてんじゃ。
 ところが、餅にならんこうに、うすの中から大判小判が飛んで出よった。
 「これは、たまげた。」と、おじいさんとおばあさんは二人しておお喜びしんさった。

花咲じじい

 この話を聞いたとなりのおじいさんは、「わしにそのうすを貸してくれ。わしもひとつ餅をついてみるけえ。」と、そのうすを借りて帰って餅をついてみたが、宝物がでるどころじゃない。やっぱりかわらやなんぞが出たんじゃ。
 となりのおじいさんは腹を立てて、うすをたたき割って焼いてしもうた。
 おじいさんが、「どねいしたんか。」というと、「どねいいうても、つまらんけえ焼いてしもうた。うすはあの中じゃ。」と、灰を指さした。

 おじいさんは灰をきれいに持って帰ると庭先においた。
 そこへ、風が吹いてきて灰が飛んでいったところの木の枝に花が咲いたんじゃ。
 おじいさんがたいへん喜んでいるところへ殿様がお通りになったんじゃ。
 「そこで何をしとるんか。」と、家来が言うた。
 「花咲かじい、花咲かじい、かれ木に花を咲かせましょう。」というたら、「そいならひとつ咲かしてみてくれい。」と、殿様が言いんさった。
 そこで、おじいさんがその灰を木へほうりゃあ、みんな見事な花が咲いたんじゃ。
 「これはあっぱれ、あっぱれ。」
 殿様はたいそう喜んでおじいさんにほうびをやりんさった。

 これを聞きつけた、となりのおじいさんは、「ひとつ、こんだぁ、その灰をもろうてやってみよう。」と、のこりの灰を持って殿様の帰りんさるのを待っていた。
 「このまえのような花を咲かせてみい。」と、殿様がいいんさった。
 となりのおじいさんは、「よし。わしも一つほうびをもらわにゃあ。」と思うて灰をまいたりゃあ、殿様の目や口に入って、殿様はひどい目にあいんさった。
 「おまえはにくいとこえおする。」と、となりのおじいさんはしばられて、ろうやへぶちこまれたちゅう。
 ほうびどころじゃあない。
 となりのおじいさんは、とうとう、ろうの中でいっしょう終わったという話じゃ。

さしえ 桂平小学校1年 T・T
語り手 田イマ(西平原) / 可部豊(桂平) / 青木忠市(有田)

目次