「国東治兵衛 の藺草

 治兵衛は、いまから約二百五十年前に、上遠田に生まれた。
 四十さい歳になった頃、農作物が稔らんで、大人も子どもも飢えに苦しんだことがあった。
 みんなは近くの権現山に登って、わらびの根を掘って飢えをしのいだちゅうんじゃ。
 治兵衛は、なんとか村人たちを救い、村を豊かにする方法はないかと思い悩んだ。
 そんな時、頭にひらめいたのが、たたみ表に使う藺草を栽培することじゃった。
 藺草は、治兵衛の祖先が代々住んでいた豊後の国(今の大分県)で栽培していた。
 治兵衛は、豊後の国から苗を求めて帰ると、自分の家の下手の浴に植えた。
 藺草は、次第に繁殖して、道行く人たちを驚かせるほどに、村一面の地を青々とおおった。国東治兵衛 の藺草
 遠田の土地は、藺草を栽培するのにちょうどよかったんじゃ。

 それからしばらくして、治兵衛は、備後の国でも藺草の生産が盛んに行なわれていることを知って、さっそく、苗を分けてもらおうと出かけていったんじゃが、ここではかんたんに手に入れることができなかった。
 だれでも持ち出してはいけないことになっていたんじゃ。
 それでも、治兵衛は、村から村へ。
 「飢えに苦しんでいる農民のために、一株の藺草の苗を分けてください。」
と、村の家々をかけめぐったんじゃ。
 そして、とうとうある家で、一株の苗を分けてもらうことができた。
 治兵衛は、この苗を、節をぬいた竹筒にこそっと入れると、竹の杖に見せかけて持ち帰ったんじゃ。
 遠いところを歩いてもどるんじゃけえ、苦労して苦労して、それでも村の人たちのことを思いながらもどったんじゃ。

 備後の苗が、遠田の土地に一番よくあっていた。
 やがて、藺草の栽培は村の新しい産業となり、人々の明るい声がもどってきたということじゃ。

さしえ 安田小学校6年 R・T
語り手 高橋ナツ(遠田)

目次