猿蟹合戦

 ある日、猿と蟹がいっしょに散歩していると、猿が、道ばたに落ちていた柿の種を見つけて拾ったんじゃ。それからしばらくして今度は、蟹が、にぎり飯が落ちているのを見つけて拾ったんじゃ。
 そこで、猿が蟹に話しかけた。「蟹さん、にぎり飯は食うてしもうたら無うなるけえ、柿がじょうになるこの柿の種と交換しようや。」ちゅうてな。
 蟹は人がええから、「うん。ほんなら交換しよう。」と、にぎり飯と柿の種と交換したんじゃ。
 猿は、その場で、おいしそうにむしゃむしゃと一気に食べてしもうたんじゃ。

 蟹は柿の種を持って帰り、さっそく家の裏の畑に埋めると、「早く芽を出せ 早く芽を出せ 早く芽を出さぬと はさみでちょん切るぞ。」ちゅうて、土の中の柿の種に向かっていうて、水をかけたり、世話をしたんじゃよ。
 そしたところが、土の上に芽を出した柿の木は、見る見る間に大きくなって、柿がじょうになるようになったんじゃ。蟹は大喜びしたんじゃが、でも悲しいことに、木に登ることができん。
 そこへ猿がやって来て、「蟹さん、柿がじょうになっとるが、わしがもいでやろうか。」ちゅうていうたんじゃ。
 「そりゃあ、取ってくれ。」ちゅうて、猿が柿を落としてくれるのを木の下で待ちよった。
 ところが木に登った猿は、熟れたような柿を、はしからもいで食うが、蟹にはいっそもくれんてえ。
 そこで、「こっちにもよこさんか。」ちゅうて、木の下から声をかけると、木の高いところから、青い柿を蟹に投げつけてきたんじゃよ。そのうち何個かが蟹の甲羅にあたって、大怪我をしてしもうたんじゃ。

 それを見ていた子蟹たちは、近所に住んでいる栗と蜂と臼に「お母さんが猿に大怪我をさせられたけえ、こらしめてくれんさい。」ちゅうて相談したんじゃ。猿蟹合戦
 「そりゃあ、こらしめてやらにゃあいけん。」
 栗と蜂と臼が一緒になって、猿退治をしてやろうちゅうことになったんじゃ。
 そこで、栗はいろりの灰の中に、蜂は炊事場に、臼は家の高いところにかくれて、猿が帰ってくるのを待っておったんじゃ。
 そんなこととは知らん猿がもどってきて、いろりの灰をかきまぜたところへ、
栗が「ポーン」と大声をあげて、猿に飛びついたんじゃ。
 猿は、「あっちちち!あっちちち!早う、こりゃあ、水につけにゃあ。」
ちゅうて、炊事場にあった甕の中の水に顔をつっこんだところが、そこには蜂が隠れていたんじゃ。
 蜂は、今度は自分の番だと、猿の顔に、「チクリッ」と針をさしよったんじゃ。
「こりゃあ、やれん、やれん。」ちゅうて、家の外に出ようとして、出口に向かって逃げようとしたところへ、戸口の高いところに隠れていた臼が、「どさあっ」と落ちてきたんじゃ。

 いたずら猿は、とうとう、みんなの力で、退治されたということじゃ。

さしえ 益田市立柏原小学校1年 S・T
語り手 福原豊市(安田) / 青木忠市(有田)

目次