「海坊主

 小さい舟でいかつりに出ると、海坊主が、かあ来やがってのう。
ともへあがってくると、
 「しゃくをくれぇ。しゃくをくれぇ。」
ちゅうんじゃ。
 あの水あかをくみだすしゃくをくれっちいうんじゃ。
 じゃがしゃくをやったら、舟は沈んでしまう。海坊主がしゃくで海の水をくみ込むけえのう。
 海坊主になんぼううるそう云われても、ぜったいにしゃくはわたしちゃあいけんのじゃよ。
 しょうなしにわたすときには、しゃくの底を抜いてわたしゃええって。

海坊主

さしえ 飯浦小学校3年 K・H
語り手 中島義一(小浜)

目次